茹でカンコロ切り

カンコロ切りは、かんころ餅を作る為の第二ステップの作業である。第一ステップは種芋を植え付けから
収穫(芋ほり)まで、そして第三ステップはカンコロからカンコロ餅になるまでの最終行程である。
今回はカンコロ切りの作業を紹介します。茹で上がった芋を自然乾燥するために1枚1枚切り絵のように
丁寧に並べていきます。3日間くらい天気が続くと乾燥して保存可能となります。
c0222430_20251160.jpg

(3人で並べましたがあまり個性は出ていますか?でていないようです!。)




かんころ切りの第一スッテップ、洗った芋の皮むきですが芋がデコボコで手間が掛かります。
c0222430_2029553.jpg

手動スライサーで茹でやすいように薄くします。
c0222430_20303221.jpg

次ぎは釜茹でです。
c0222430_20311885.jpg

今回私は茹で担当です。火加減(湯加減)を観察しながらゆっくりと丁寧に混ぜていきます。
茹でが浅いとカンコロが茶色っぽくなり、茹ですぎると干すときに崩れてしまうので後でお前が悪いと
言われるので、神経使いながらの作業です。
c0222430_20401146.jpg

良い色合に茹で上がり!(竹籠の色も使い込んだ素晴らしい良い色になっています)
c0222430_2041195.jpg

[PR]
by madam37 | 2014-11-17 20:48 | 風景

< October 2018 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項