水源を訪ねて(2)

7月9日「梅雨明け」宣言以降、本当に雨が降らない。雨・あめ・雨が懐かしい。
ジリジリの照・照・てるで、畑は地われもでき作物もしょんぼりと葉を小さくしています。
もうそろそろ「雨乞い」の神事でもせんと、芋もサトイモもカラカラの日干しになるよ!
「山の水」がまた出なくなったので、パイプライン管理人と山に入った。
水源です。イノシシいが荒らすため網を張っています。
c0222430_1083068.jpg




水源の周囲を見渡すと、椎の木を中心に大木が茂っています。
c0222430_1011498.jpg

この辺ではめったに見かけないシダ、松島で初めて見ました。葉は1.5mくらいあります。
c0222430_101249100.jpg

梅雨時に来たときは、水をたたえて鯉がいた水溜りもカラカラ、鯉の運命は?
c0222430_10163358.jpg

半世紀所前の人間の営み(石垣の上は畑か田んぼ)の石垣の後です。
島中は石垣だらけです。石垣が見えるようにすると遺跡としての観光地になれます。
c0222430_10233581.jpg

[PR]
by madam37 | 2011-08-04 10:24 | 風景

< October 2018 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項