水源を訪ねて

夏空になって3日目ですが、暑い日がずーっと続いているように感じるのは私だけでしょうか。
梅雨時のじめじめしとしとが懐かしい訳ではありませんが、水源からのパイプラインが猪に壊されたようだ
ということで、修理に同行しました。
うっそうとした森、薄暗くジメジメ、いかにもイノシシが後から襲ってくるような感覚になります。
水源です。
c0222430_8102296.jpg




とても1人で山に入る気持ちにはなりません。滑る道なき道を10分ほどで壊された箇所を見つけました。
c0222430_813211.jpg

以前も修理した場所らしく接続してテープを巻きます。蚊がぶんぶん耳の周り飛びます。
うしろに石垣がみえます。昭和の20年から30年代は田んぼだったようです。
c0222430_8163131.jpg

戦後取水のため、人手が入っています。60年以上の歳月に自然のたくましさを感じます。
c0222430_8181648.jpg

水路を下ると水溜りが数箇所、そこに紅い生き物が動いているのを見つけました。鯉の稚魚で
最大10cmくらい。一応警戒するみたいで穴の中に隠れこの絵では捕まりませんでした。
最上流に堤があり、そこに鯉がいることから流されてきたのでしょう。
しかし、鯉達にもう後はない、これより下流は海ですから。
c0222430_8254111.jpg

[PR]
by madam37 | 2011-07-12 08:41 | 風景

< December 2018 >
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項